実戦研究2

投稿者: 北口要 投稿日:

前回に引き続き、筆者のネット対局よりの取材です。おそらく前回よりもやや難易度は低めかと思われます。その図面が下図(筆者が後手です)

最終盤、後手が△32桂と合い駒をした局面。ここで先手に筋中の筋というべき一手がありますが、その手は?

軽いヒントとしては、現局面、先手玉は詰めろであり、後手玉はまだ詰みません。しかし、先手にあと1枚、飛車、角、銀いずれかの持ち駒が加わると後手玉に即詰みが生じます。

(創作問題ではない関係上、先手が勝ちになる手が1通りではない可能性もありますので、ご了承お願いいたします)

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。